駄菓子屋KEIちゃんの実質3畳のフィギュア部屋【フィギュアレビュー、秋葉原観光、秋葉原ランチetc.】

フィギュアの写真や10年以上通ってる秋葉原での様々な情報お伝えする、オタクでございます。I tell figure review and AKIHABARA information on my blog. Sorry. I hardly speak English.


スポンサードリンク

【遊戯王 デッキレシピ】発売前にデッキレシピを考察!「暗黒騎士ガイア」×「カオスソルジャー」=「ガイヤソルジャー」デッキ爆誕!!【遊戯王 デッキレシピ】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

【遊戯王 デッキレシピ】発売前にデッキレシピを考察!「暗黒騎士ガイア」×「カオスソルジャー」=「ガイヤソルジャー」デッキ爆誕!!【遊戯王 デッキレシピ】

 

f:id:dagashiya-kei-chan:20200320231928j:plain

 

「暗黒騎士ガイア」×「カオスソルジャー」「ガイヤソルジャー」昔遊んでいた人も楽しく遊べること間違えなし!?

 

新規カードのおさらい(2020.3.20現在)

今から紹介するカードは、2020年4月18日(土)に発売される、「ライズ・オブ・ザ・デュエリスト」に収録されるカードとなります。

 

初回生産版のボックスには「+1ボーナスパック」という特典があるので、ボックス買いしても楽しめるかと思います!(1枚入り)

 

 

効果モンスター

・竜魔導騎士ガイア

融合・効果モンスター
レベル7/風属性/ドラゴン族/ATK2600/DEF2100
「暗黒騎士ガイア」モンスター+レベル5ドラゴン族モンスター
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「竜騎士ガイア」として扱う。
②:自分・相手のメインフェイズに、このカード以外のフィールドのカード1枚を対象として発動できる。このカードの攻撃力を2600ダウンし、対象のカードを破壊する。
③:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。このカードの攻撃力は2600アップする。

 

新規で登場した「竜騎士ガイア」の融合ver.で、モンスターゾーンにいるときは「竜騎士ガイア」という名前も持つようになります。

②、③の効果は決して弱くはないものの、コストが大きすぎて使い勝手が悪い印象は個人的にします。

 

ということもあり、同じくフィールドで「竜騎士ガイア」としても扱う「天翔の竜騎士ガイア」の方が使い勝手で言うのであれば、一枚上かな~と思います。

 

・天翔の竜騎士ガイア

融合・効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2600/守2100
「暗黒騎士ガイア」モンスター+ドラゴン族モンスター
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「竜騎士ガイア」として扱う。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「螺旋槍殺」1枚を選んで手札に加える。
(3):このカードが相手モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
その相手モンスターの表示形式を変更する。

 

出来れば新規カードもバンバン使ったデッキレシピにしたいのですが、今回はこの「天翔の竜騎士ガイア」でデッキ構築を考えていきたいと思います。

 

 

・暗黒騎士ガイアソルジャー

効果モンスター
レベル8/闇属性/戦士族/ATK2600/DEF2100
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのドラゴン族の融合モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示にする。
③:このカードをリリースして発動できる。デッキから「暗黒騎士ガイアソルジャー」以外のレベル7以上の戦士族モンスター1体を手札に加える。

 

特殊召喚を相手ターンにも使える、というのは良いですが、出した際に出来ることは守備表示に出来る、といういつの時代だよ!と思わずツッコミを入れたい具合で、汎用性で言いましたら、あまりないかな~と思います。

 

ということもあり、今回のデッキレシピでは1枚も採用しませんでした。

 

 

・魔導騎士ガイア

効果モンスター
レベル7/光属性/戦士族/ATK2300/DEF2100
このカード名はルール上「暗黒騎士ガイア」としても扱う。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、または相手フィールドに攻撃力2300以上のモンスターが存在する場合、このカードはリリースなしで召喚できる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・墓地からドラゴン族・レベル5モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

①の効果はこのモンスターに限らずよくある召喚方法の1つだが、その多くは「特殊召喚」なのに対しこちらは「召喚」、つまり1ターンに1度しかできない召喚権を使うので注意が必要です。

 

ですが、召喚でも②の効果は使うことができ、次に紹介する「カース・オブ・ドラゴン」との相性はいいかと思います。

 

 

・呪われし竜ーカース・オブ・ドラゴン

効果モンスター
レベル5/闇属性/ドラゴン族/ATK2000/DEF1500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「竜騎士ガイア」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの「竜騎士ガイア」1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果はターン終了時まで無効化される。

 

基本的に先ほどの「魔導騎士ガイア」で場に出すということになりますが、「砲撃のカタパルト・タートル」でも特殊召喚も出きます。

 

 

 

・砲撃のカタパルト・タートル

効果モンスター
レベル4/水属性/水族/ATK1000/DEF2000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。手札・デッキから「暗黒騎士ガイア」モンスターまたはドラゴン族・レベル5モンスター1体を特殊召喚する。

 

自身をリリースすることでも発動でき、手札に加えるのではなく特殊召喚なので、採用するほど良いカードだな~と感じました。

 

手札、盤面に合わせ、「暗黒騎士ガイア」、「カースオブドラゴン」のどちらかを場に出しましょう!

 

魔法カード

 

・螺旋融合

通常魔法
①:自分の手札・フィールドから、ドラゴン族の融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で「竜騎士ガイア」を特殊召喚した場合、そのモンスターは、攻撃力が2600アップし、1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

 

基本的にカースオブドラゴンの効果などでこのカードをサーチし「天翔の竜騎士ガイア」を出していきます。

このカードの効果により鬼火力を持つのもまたロマンがあっていいですね(笑)

 

 

・走破するガイア

フィールド魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のモンスターゾーンに「竜騎士ガイア」が存在する限り、相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない、
②:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札の「暗黒騎士ガイア」モンスター1体を相手に見せて発動できる。デッキからドラゴン族・レベル5モンスター1体を手札に加える。
●手札のドラゴン族・レベル5モンスター1体を相手に見せて発動できる。デッキから「暗黒騎士ガイア」モンスター1体を手札に加える。

 

メインで使うのは②の方かと思います。

これで融合にアクセスしやすくさせます。

 

①はあって良かった効果、という認識でいいかと思います。

 

 

トラップカード

 

・螺旋砲撃

永続罠
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のモンスターゾーンに「竜騎士ガイア」が存在する限り、相手は「竜騎士ガイア」しか攻撃対象に選択できない。
②:自分の「竜騎士ガイア」が戦闘を行う攻撃宣言時に、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

①、②、どちらをとっても僕が作ったデッキには合わなかったので不採用にしました。

 

 

・螺旋蘇生

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地レベル7以下のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で「竜騎士ガイア」を特殊召喚した場合、そのモンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

 

効果の対象にならず、効果では破壊されない、という耐性をつけることが出来ます。

後に紹介するデッキには採用はしてませんが、採用の候補には上がってはいます。

 

 

 

「暗黒騎士ガイア」×「カオスソルジャー」「ガイヤソルジャー」デッキレシピを公開!

モンスター

魔導騎士ガイア 3

呪われし竜ーカース・オブ・ドラゴン 2

竜魔導の守護者 3

砲撃のカタパルト・タートル 2

超戦士カオス・ソルジャー 2

宵闇の騎士 2

開闢の騎士 1

輝白竜ワイバースター 1

召喚僧サモンプリースト 2

 

魔法

螺旋融合 3

走破するガイア 3

螺旋槍殺 2

混沌の場 3

超戦士の萌芽 2

盆回し 1

簡易融合 1

増援 1

テラ・フォーミング 1

おろかな埋葬 1

死者蘇生 1

 

計37枚(※あと3枚以上は未定

エクストラデッキ

竜魔導騎士ガイア 2

天翔の竜騎士ガイア 2

魔界の警邏課デスポリス 1

リンク2の好きなモンスター X枚

簡易融合で出す融合モンスター X枚

好きなカード X枚

 

 

 

動かし方

後攻の方が個人的に有利かな?と思うので、後攻の動きをご紹介しますが、基本的な流れは先行・後攻変わりないです。

 

混沌の場➡魔導騎士ガイアをサーチ、通常召喚➡効果で呪われし竜ーカース・オブ・ドラゴンを特殊召喚➡カースオブドラゴンの効果で螺旋融合をサーチ➡天翔の竜騎士ガイアを特殊召喚➡螺旋槍殺をサーチ、発動

アタック!!!

 

 

混沌の場➡魔導騎士ガイアをサーチ➡サモンプリースト召喚、効果でカタパルトタートルを特殊召喚➡カタパルトタートルの効果でリリース、カースオブドラゴンを特殊召喚➡(同じ流れを挟む)➡混沌の場で儀式魔法サーチ➡カオスソルジャーを特殊召喚

アタック!!

 

 

などといった流れをすることが出来ます。

 

まだデッキが37枚と最低あと3枚足らないですが、次回(4月21日発売)のVジャンプにて、

f:id:dagashiya-kei-chan:20200321090911j:plain

公式HPより引用

 

「暗黒騎士ガイアオリジン」というカードが登場予定なので、効果を見次第入れるか否かの判断をし、完成していきたいと思います。

 

あと個人的にはあまり使いたくはないですが、

ブラックマジシャン1枚をデッキに入れるのは良いかもしれませんね!

 

・・・まあ狙いはドラグーン・オブ・レッドアイズを出すということですが、さすがに「またかよ」感はありますが・・・。

 

一応、ブラックマジシャンとドラゴン族で融合できますので面白いかもしれませんが、「結局そっちで良くない?強いしー」となるので私は入れるつもりはないですね(汗)

 

ちなみに融合カードは普通の融合もありですが、個人的には超融合がいいかな~と思います。

速攻魔法で相手ターンでも使えますしね~

 

 

 

ということで、今回は「暗黒騎士ガイア」×「カオスソルジャー」「ガイヤソルジャー」デッキをご紹介しました!

何かこのカード良いんじゃない?などありましたらご連絡頂ければなと思います!

 

 

では~~

 

遊戯王の記事はこちら

www.dagashiya-kei-chan-z.com

 

ぶっちゃけ現状はそこまでの破壊力はないですが、使っていて楽しいパターンのタイプ!!(のはず)